こんにちは!TENGUです。

ちょっと急なんですが、スニーカーにまつわるオリジナルストーリーを書いていこうかなと思います。

正直物語の方が面白いかなと思いまして、、

もちろん、まだまだ未熟な部分も多いので、温かい目でよんだいただけたら幸いです。

ということで、シリーズの第0話を公開します。今回、あまりスニーカーは出てきませんが、次話からどんどんスニーカーを出していく予定です。

では、「ジョシュとチャールズのスニーカー人生」スタート!

 


プロローグ

僕はたくさんのスニーカーを買ってきた。

今考えてみると、なんでこんなにスニーカーを持っているんだろうと思うこともある。

なぜなら、スニーカーに出会わなかったら、もっとお金が貯まる人生だったかもしれないからだ。(しかも僕には2本の脚しかない!)

でも、スニーカーを好きになった人生だからこそ、幸せに感じることがある。

もし、スニーカーを買うか貯金するべきか、僕にアドバイスを求めるならこう答えるだろう。

「間違いなくスニーカーを買った方がいい!」

 

第一章:エアフォース1

チャールズ先生

 

「今日も学校か、やっぱり行きたくない」

そう思うとベッドから抜け出せない。

アメリカに引っ越して2年。友達はおろか、話せる人もいない。

英語は僕に合わないんだろう。

家族はもちろんいるが、僕と顔を合わせることがほとんどない。

2人とも仕事が大好きみたいだ。

 

「ピンポーン」

こういう憂鬱な時に限って家のチャイムが鳴る。

こんな朝早くに誰だろう。無視しようかな。

その時、布団を被っていてもわかる甲高い声が聞こえた。

「Josh!いないのー!」

こう呼ぶのは1人しかいない。

チャールズ先生だ。

彼女は人にあだ名をつけるのが好きみたいで、僕のことをJoshと呼ぶ。

「いますよ~!」

僕はあきらめて、部屋で叫んだ。

この先生は日本語が話せる。

だからまだ他の人よりもまだ話しやすい。あくまで、ま、だ、だ。

「Josh 開けて!このまま話してもいいけど、君が恥ずかしいでしょ!」

僕の身体に違う意味で力が入った。

めんどくさい展開だ。

自分のテリトリーを犯さないでほしい。

僕はしぶしぶドアを開けた。

「チャールズ先生どうぞー!」

安そうなTシャツにジーンズ、それから、、、いつも違うスニーカーを履いた足元。見慣れた格好の女性がいる。

「Josh、元気?」

真っ黒な髪と真っ白な肌。学校でも美人と評判の先生だ。

チャールズ先生はなんで僕の家に来たんだろう。

「はい元気ですよ、先生も元気そうですね」

基本的すぎる返答だが、これで十分。

満足げな顔がずっと見続けている。

「元気よ、ところで今からスニーカー買いに行かない?」

僕にとっては、予想外すぎる返事だ。

スニーカー?なんで?僕にはお金もないし、なんせ興味がない。

つまんない表情になっていたかと思うが、先生は話し続けた。

「今日、どうしてもほしいスニーカーがあるの。あなたが暇なら付き合ってくれてもいいんじゃない?」

美人とデートを断る男なんているのか。しかも先生公認で学校をサボれそうな機会なんてめったにない。

了承をすると、先生はニコニコしながら、出かける準備を促した。

目についた服を急いで着て、外に出ると、先生が車で待っている。

「Josh、今日はあなたにもスニーカーを買ってあげる」

車に乗ってすぐ、先生は驚きの言葉をかけた。

「あなたはスニーカーが好きだと思うの。だから今日はあなたにぴったりなモデルを買いにいきましょう」

僕がスニーカーを好き?そんなこと思ったことがない。

なんせ僕は一足しか持ってないし、しかもファッションにも興味がない。

でももらえるものはもらっておこう。

「はい、好きです。ありがとうございます。」

この返事がなくても、スニーカーを買いに連れ出してくれてたのだろうか。

この日が人生を大きく狂わせる日になるとは知らず、僕は先生の車で羽を伸ばしていた。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。